メインコンテンツに移動

エア・リキード: アジアでエレクトロニクス事業への投資を継続

年初から現在にかけてエア・リキードは日本、シンガポール、台湾において、半導体製造大手数社と相次いで長期ガス供給契約を締結しました。合計額1億ユーロ以上の投資により、電子機器やモバイル機器に使われる集積回路やメモリを製造する工場へ超高純度キャリアガスを供給します。

これらの契約に基づきエア・リキードが設置する高効率のオンサイト型窒素発生装置の製造能力は合計で毎時100,000Nm3以上となります。

超高純度窒素ガスはキャリアガスとして最先端の半導体産業に欠かせないものです。半導体製造工程に直接使われたり、製造装置の雰囲気清浄度維持のために使われたりします。

スマートフォンやその他モバイル機器の世界的な普及に伴い、モバイルプロセッサ、無線通信チップやメモリといった、より高効率な半導体部品への需要が高まっています。モノのインターネット(Internet of Things、IoT)やビックデータの発展により、市場の継続的な拡大が見込まれています。


マイケル J. グラフ、エア・リキードグループ執行委員会メンバー、アメリカ地域担当シニアバイスプレジデント、エレクトロニクス事業管掌のコメント:
“これらの新たな契約はエレクトロニクス産業のお客様に最高水準の製品やサービスをお届けするという、当社の姿勢を表しています。半導体産業へ高い価値をもたらす提案により競争力を強化し、アジアなど急速に発展する市場での優位性を高めて参ります。”
 

エア・リキードのエレクトロニクス事業 

エア・リキードエレクトロニクスビジネスラインはエレクトロニクス産業で使われるガスや材料などの開発、製造、輸送を世界中で展開し、年間総売上は12億3400万ユーロです。長期にわたるパートナーとして半導体、太陽光発電、フラットパネルディスプレー産業へイノベーティブなソリューションを提供しています。世界中の3,500人のスペシャリストがお客様のニーズに迅速かつ適切にお応えするよう、日々努めています。


半導体チップ

半導体チップは薄い高品質シリコンウェハ基盤に作られます。もっとも大きいウェハは直径300mmです。無数のデジタルスイッチと伝送回路がウェハの表面に形成されます。伝送回路は最小数十ナノメートルで、チップは微細化に伴い構造の最適化、能力の向上、コストの削減が進んでいます。

 

お問い合わせ先

  • Corporate Communications 
    Annie Fournier
    + 33 (0)1 40 62 51 31
    Caroline Philips
    + 33 (0)1 40 62 50 84
  • Investor Relations
    Aude Rodriguez
    +33 (0)1 40 62 57 08
    Louis Laffont
    +33 (0)1 40 62 57 18
  • 日本エア・リキード株式会社
    広報部 豊山(とよやま)
    TEL 03-6414-6728 
     
Download the document