メインコンテンツに移動

2016年第3四半期売上実績: 10月1日エアガスオペレーション統合 ガス&サービス堅調な増収 2016年財務目標達成確実

 

2016年第3四半期に関するエア・リキード会長兼CEOブノア・ポチエのコメント:

「当四半期を特徴づける動きとしてエアガス買収のリファイナンス、良好な条件下での米国資産売却、並びに10月1日以降のエアガス業務統合が挙げられます。さらに今四半期はじめてエアガスが四半期通して当社グループ業績に貢献いたしました。

世界経済が引き続き緩やかに成長する状況下で、ガス&サービスは堅実な成長を示しており、この成長は主にラージ・インダストリー工場の増産、ヘルスケア事業の盤石な伸び、さらには発展途上国とりわけ中国での進展によって牽引されました。当社グループは、経常的に効率改善益創出を続け、それが業務実績に貢献しています。

さて、本日新たな段階を迎えました。私たち優先課題の一つとして、当社コーポレートプログラムNEOSにおけるプラン及び継続的遂行に合わせ私たちはエアガスとのシナジー効果実現をはかります。投資積残額22億ユーロとカスタマーエクスピリエンス充実を目指すイノベーションがこれからの数年間成長に貢献します。

エアガス買収完了を受けてエア・リキードは10月初旬完了する増資効果を含め2016年の一株あたりの純収益及び純利益増達成を確信しています。」

 

2016年Q3当社グループ売上高は、当四半期のエアガス売上高を含め5,077百万ユーロを達成。公表ベースでは対2015年同期比で+23.9%増、通貨・エネルギーインパクトを除いた比較では+26.8%増となった。エアガスの実績及び通貨・エネルギーインパクトを除くと当社グループ売上高は低調なE&C(エンジニアリング&建設)の売上の影響を受け-1.1%と若干減少した。

ガス&サービス売上高は4,783百万ユーロを達成、公表ベースでは前年同期比+29.9%増、通貨・エネルギーインパクトを除くと+33.1%の増加を示した。エアガスのインパクトを除くと成長率は+2.0%であった。当四半期における通貨の負の影響(-0.4%)及びエネルギー価格のマイナス要因(-2.8%)は2016年上半期と比べ軽減した。

発展途上諸国は堅調な伸びを示し、ガス&サービス売上高は前年同期比で+6.7%の増加となった。

全体として、ガス&サービスの同一基準に見る成長は第3四半期におけるラージ・インダストリー事業及びヘルスケア事業により牽引された。

 

  • ラージ・インダストリー事業本部の伸びは+5.0%で、とりわけ東欧、南北アメリカ及びアジア・パシフィックにおける製造ユニット拡大の恩恵を受けた。ボリュームの結果、ラージ・インダストリー事業本部の売上高は中国において約+10%の前進を示した。さらには中東&アフリカの成長も堅調であった。
  • エアガス買収を受けて工業事業本部の売上高は当四半期中約+80%増加した。エアガス効果を除くと、売上高は同一基準で-2.0%減少した。工業事業本部売上高は国別、マーケット別で見ると対称は顕著で、欧州では第3四半期を通して稼働日数のマイナス要因を受け、結果としてバルクボリュームの進展が続いた半面とりわけアセチレンの売上において事業は低調なまま推移した。北米ではエネルギー及び金属製業が依然低迷した一方で農作物・製薬産業は成長を継続した。当地域の活動は過去12ヶ月全般の平均売上高と比べると第3四半期に若干の回復が見られた。アジア・パシフックにおいては、成長は中国及び日本によって牽引された。全般的価格インパクトは低インフレのグローバル環境を反映し+0.2%と低いまま推移した。
  • エレクトロニクス事業本部は、設備・設置における当四半期売上減の影響で-0.5%と横ばいに終わった。当製品群を除けば売上高は+3.0%で、堅調な増収期以降においても特殊ガスの売上安定を反映した。エレクトロニクス事業本部は力強いファンダメンタルズを維持し、キャリアガス売上高は盤石で新規ユニット増加の恩恵を受けた。アジアにおけるアドバンスドマテリアル需要は非常に堅調で、当製品ラインの売上は+30%強の成長となった。
  • ヘルスケア事業本部の売上高は、エアガスの米国内病院への医療ガス販売実績を含み、通貨インパクトを除外した場合において+19.1%の増加となった。同一基準での比較においても+5.2%と成長は盤石で、+12%売上増を示す結果となった在宅医療サービス、ハイジーン事業及び特殊材料販売の高需要の好影響を反映した。

エンジニアリング&建設の売上高は105百万ユーロに終わり、2015年第3四半期と比べ大幅に減少した。これは、エネルギー関連の大型プロジェクト進展の鈍化と新規プロジェクト数減少がその原因となった。

グローバルマーケット&テクノロジーの売上高は、バイオガス及び海運業に牽引されて73百万ユーロを達成、同一基準で+10.6%の伸びとなった。

当社グループは、継続的に競争力強化を邁進し2016年の9ヶ月間を通じて223百万ユーロの経常的な効率改善益を創出、営業実績に貢献した。これら効率改善に加え、エアガス買収直後の第3四半期に見るシナジー効果は第4四半期にさらなる増加が期待される。エアガス統合の進展は順調に推移し、コスト面のシナジー効果は当初の予測よりも早く2018年末までに完全に実現するものと見られている。

1 通貨、エネルギー(天然ガス及び電力)及びM&Aインパクト(エアガス)における調整後の実績

 

2016年Q3売上高

百万ユーロ   

2016年Q3
前年同期比
(公表ベース) 
 

2016年Q3
前年同期比
(通貨・エネルギー
インパクト除く)
2016年Q3
前年同期比
(同一基準
での比較
当社グループ
売上高
5,077 M€ +23.9% +26.8% -1.1%
当社グループ
売上高
(ガス&
   サービス)
4,783 M€ +29.9% +33.1% +2.0%

1 通貨、エネルギー及びM&Aインパクト(エアガス)における調整後の実績

 

Download the document