メインコンテンツに移動

九州の水素モビリティー発展に向け 福岡宮田水素ステーション開設

日本エア・リキード株式会社(以下、日本エア・リキード)は、このたび福岡県宮若市に「福岡宮田水素ステーション」を竣工し、開所式を執り行いましたのでお知らせします。

当社が直接運営する商業用水素ステーションとしては愛知県の2カ所(豊田通商株式会社との合弁事業)、佐賀県の1カ所に続いて4番目となる福岡宮田ステーションは、九州自動車道宮田スマートICに隣接するトヨタ自動車九州株式会社宮田工場敷地内という立地をいかし、福岡市と北九州市をつなぐ九州における水素モビリティー重要拠点となることをめざします。

同ステーションは、当社が設計・設置したもので、燃料電池車一台あたり3分以内で充填できます。ステーション建設にあたっては、経済産業省と福岡県から初期設備投資への助成を受けるとともに、福岡県から指定された「グリーンアジア国際戦略総合特区*」の指定法人として、税制優遇措置を受けます。営業開始は3月28日(火)午後1時を予定しています。

エア・リキード グループは水素ガスの製造・貯蔵・運搬から使用方法に至る幅広い知見と経験および全世界75カ所以上の燃料電池車向け水素ステーション設置の実績を持っております。2017年1月より関連する主要グローバル企業13社で立ち上げられ、新エネルギーとしての水素利用への移行に向けた長期ビジョンの提唱をめざす「水素協議会(Hydrogen Council)」においても、トヨタ自動車株式会社と共同議長会社を務めるなど、日本や世界各国における水素モビリティー技術の発展と普及に主導的な役割を果たしています。

日本エア・リキード株式会社 社長兼CEO、矢原史朗のコメント 「福岡宮田水素ステーション開所にあたり、経済産業省、福岡県、宮若市、ならびに地域関係者の皆様には、多大なご支援を賜り感謝申し上げます。土地を貸与していただきましたトヨタ自動車九州様には、さまざまなご助言やご協力を賜り、大変心強く感じております。未来に向け新ステーションが九州における水素社会発展の中心地のひとつとなるよう、地域社会の皆様との共生を図りながら、エア・リキードグループの持つ経験とイノベーションを発揮してまいる所存です」

*「グリーンアジア国際戦略総合特区」:国から指定を受けた「国際戦略総合特区」のひとつとして、福岡県、北九州市、福岡市の3自治体がアジアへの隣接性を活かし、「環境配慮型製品の開発・生産拠点の構築」や「資源リサイクル等に関する次世代拠点の形成」などをめざすものです。

 


FCVへの充填セレモニーの様子 写真左から:当社代表取締役社長 矢原史朗、小川洋福岡県知事

日本におけるエア・リキード

1907年、日本の産業の隆興とともに、エア・リキードは日本での事業を開始しました。現在では、2,000人の社員が、エレクトロニクス分野をはじめとする、全国15,000のお客様へのサービス提供に従事しています。グループ全体の拠点としては他に、茨城県つくば市に研究所(エア・リキード・ラボラトリーズ)、兵庫県神戸市にエア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパンがあります。

ク リーンエネルギーとしての水素

水素製造には、天然ガスをはじめさまざまなエネルギー源があり、再生エネルギーから作ることもできます。 「Blue Hydrogen」のスローガンのもと、エア・リキードはエネルギー利用のための水素製造の脱炭素化を段階的に進めていくこととしています。具体的には、以下の方法を用いて、2020年までにエネルギー利用のための水素のうち少なくとも50%を炭素フリープロセスによって製造することをめざします。

  • 水の電気分解やバイオガスなど再生可能エネルギーの利用
  • CCS(二酸化炭素貯留)技術の利用

天然ガス由来の水素はすでに大変環境効率の高いエネルギーキャリアです。この水素を燃料電池自動車に用いれば、内燃機関エンジン車と比べて、「採掘から走行(well to wheel)」ベースで、20%温室効果ガス排出を低減できます。

Download the document