メインコンテンツに移動

日本エア・リキード、川崎市初の定置式水素ステーションを開設

日本エア・リキード株式会社(以下、日本エア・リキード)は、このたび神奈川県川崎市に「川崎水素ステーション」を開設することとなりましたのでお知らせします。2018年3月の竣工、同年4月の営業開始を目指しています。

同ステーションは、経済産業省ならびに神奈川県から設備投資への助成金を受けて建設されます。神奈川県及び川崎市は、水素エネルギーの普及に積極的に取り組んでおり、川崎市においては初の定置式水素ステーションとなります。新ステーションは当社ガス製造拠点(川崎オキシトン株式会社川崎工場)に隣接して建設され、今後、神奈川県と東京都を結ぶ中継地点として、燃料電池自動車やバスの普及など、同地域における水素モビリティ発展の重要拠点となることを期待しております。

同ステーションの建設にあたっては、圧縮機及び蓄圧器を1つの筐体に収めた、エア・リキード標準のパッケージ方式を新しく採用することにより、建設時間短縮やコスト削減を実現し、今後の水素ステーションの設置加速を更に後押しする1つのモデルとなることをめざします。燃料電池車一台あたり充填に要する時間は3分以内です。水素の利用はクリーンな輸送の実現に貢献するものと期待されています。

エア・リキード グループは水素ガスの製造・貯蔵・運搬から使用方法に至る幅広い知見で輸送手段への利用をはじめとするクリーンエネルギーとしての水素の普及に携わっています。

2017年末までの水素ステーション設置実績は全世界合計で100カ所に達するものと見込んでいます。日本では5か所(愛知県に2カ所(豊田通商株式会社との合弁事業)、佐賀県、福岡県、兵庫県)の商業用水素ステーション運営に携わっています。水素をエネルギー転換の重要ソリューションと位置づけるべく世界主要各社が参加する「水素協議会(Hydrogen Council)」においても、エア・リキードはトヨタ自動車株式会社と共同議長会社を務めています。

日本におけるエア・リキード

1907年、日本の産業の隆興とともに、エア・リキードは日本での事業を開始しました。現在では、2,000人の社員が、エレクトロニクス分野をはじめとする、全国15,000のお客様へのサービス提供に従事しています。グループ全体の拠点としては他に、茨城県つくば市に研究所(エア・リキード・ラボラトリーズ)、兵庫県神戸市にエア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパンがあります。

クリーンエネルギーとしての水素
「Blue Hydrogen」のスローガンのもと、エア・リキードはエネルギー利用のための水素製造の脱炭素化を段階的に進めていくこととしています。具体的には、以下の方法を用いて、2020年までにエネルギー利用のための水素のうち少なくとも50%を炭素フリープロセスによって製造することをめざします。

  • 水の電気分解やバイオガスなど再生可能エネルギーの利用
  • CCS(二酸化炭素貯留)技術の利用

天然ガス由来の水素はすでに大変環境効率の高いエネルギーキャリアです。この水素を燃料電池自動車に用いれば、内燃機関エンジン車と比べて、「採掘から走行(well to wheel)」ベースで、20%温室効果ガス排出を低減できます。

Download the document