メインコンテンツに移動

日本エア・リキード、「川崎水素ステーション」の営業を開始

日本エア・リキード株式会社(以下、「日本エア・リキード」)は、神奈川県川崎市に建設した「川崎水素ステーション」の営業を2018年3月30日より開始しました。

経済産業省ならびに神奈川県から助成を受けて建設した同ステーションは、日本エア・リキードが直接所有・運営するものとしては愛知県の2カ所(豊田通商株式会社との合弁事業)、佐賀県、福岡県、兵庫県の各1カ所に続く6番目となります。現時点で国内では約100カ所の水素ステーションが稼動しており、「川崎水素ステーション」は神奈川県内では13番目、定置式としては川崎市初の商用ステーションとなります。

日本では水素社会実現に向けた基盤構築に向けステーション整備官民目標(2025年度までに320か所、2030年頃までには900カ所)が政府により掲げられており、この目標に貢献すべく日本エア・リキードを含む関係各社で「日本水素ステーションネットワーク合同会社」を設立しています。日本エア・リキードは、来年度以降同社での活動を通じて2021年度までの4年間で約20か所のステーション建設をめざします。

川崎水素ステーションは、日本エア・リキードのガス生産拠点(川崎オキシトン株式会社川崎工場、川崎市川崎区小島町)に隣接して建設されます。建設時間短縮やコスト削減をめざし、圧縮機などの主要機器をひとつの筐体に収めた、エア・リキード独自の標準パッケージ方式を新たに採用しています。

水素はクリーンな輸送を実現し、「空気の質」を高めるエネルギーとして期待されています。燃料電池は、水素と大気中の酸素により電気を発生させ、副生排出物は水のみです。エア・リキードは、製造、貯蔵、輸送、アプリケーション開発まで水素に関する幅広い分野に携わっています。今日までにエア・リキードは世界でおよそ100カ所の水素ステーションを設計・据付しています。

日本エア・リキード株式会社 社長兼CEO、矢原史朗のコメント:「エネルギー・環境の転換はエア・リキードが貢献をめざす世界的メガトレンドのひとつであり、エネルギーとしての水素利用は、私どもがお届けできるソリューションの代表例です。とくに日本においては官民をあげた体制作りが始まりつつあり、イノベーションと投資で主導的な貢献ができますことは喜ばしく、今後も努力を続けてまいります。川崎水素ステーションの建設に当たり、多大なご支援をいただいた経済産業省、神奈川県、川崎市、ならびに地域関係者の皆様に感謝申し上げます。神奈川県と東京都を結ぶ中継地点という立地を活かし、水素モビリティ発展の重要拠点となるよう努めます。」

 

日本におけるエア・リキード
エア・リキードは、1907年に日本での活動を開始し、現在2,000名の社員を擁し、エレクトロニクスをはじめとする産業分野の企業と在宅医療の患者様を合わせ計35,000のお客様にサービスをお届けしています。近年ではヘルスケア関連事業も拡大を図りました。イノベーション開発関連では、つくば市に技術研究センターを、神戸市にプラントエンジニアリング事業拠点をそれぞれ構えており、アジアをはじめとする世界各国への技術発信を担っています。

日本水素ステーションネットワーク
日本水素ステーションネットワーク合同会社(「JHyM」)は、2018年2月、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、JXTGエネルギー株式会社、出光興産株式会社、岩谷産業株式会社、東京ガス株式会社、東邦ガス株式会社、日本エア・リキード株式会社、豊田通商株式会社、株式会社日本政策投資銀行の11社により設立されました。

 

Download the document