メインコンテンツに移動

アセチレン

Acetylene

アセチレンは、20世紀のはじめから溶接、切断用に幅広く利用されてきました。酸素と組み合わせた場合の炎の温度は3330℃と各種混合ガスの中で最も高温。現在も、建設工事現場をはじめ、溶接・溶断用ガスとして根強い需要があります。

 

アセチレンの性状

  • 無色の気体
  • 無臭(溶剤の臭いあり)
  • 圧縮すると爆発しやすく、多くは多孔性物質に加圧溶解して使用
     

アセチレンの用途

  • 酸素ガスと共に溶断・溶接及び溶射用のガスとして使用
  • カーボンブラックの原料として使用
  • 原子吸光分析で使用