メインコンテンツに移動

地域社会に向けた取り組み

エア・リキード グループは、社会的責任を常に意識し、創立以来、特に人命を守ること、環境保護といった分野で数多くの社会貢献活動を行ってきました。日本エア・リキードは、地域社会の持続可能な発展に向けて、様々な取り組みを行っています。

当社は、地域社会との良好な関係を構築し維持することが、社会の一員としての責任であると考えています。

実験ショー/環境授業を子どもたちに理科や科学の楽しさを伝えることを目的として、活動地域の近隣にて不定期に開催しています。また、各地の工場では、地域などの要請により工場見学や数日間に亘る実習生のう受け入れを行っています。
 

また、田町(本社)では、社員の家族を対象としたファミリーデーを開催するなど家族の皆様の会社に対する理解の促進やワークライフバランスの推進に取り組んでいます。
 

2011年の大震災で被災された東北地方を中心としてさまざまな援助や基金を実施しました。社員と被災した中学生が植栽したプランターを仮設住宅へ配布を行ったり、被災地の中学校へ楽器を寄贈し慰安演奏会を実施するなど、多方面でサポートを行いました。
エア・リキード グループが2008年より実施エア・リキード基金において、これまで36カ国で80以上のプロジェクトを支援しています。日本においても、東北支援向けに2件のプロジェクトを実施いたしました。詳細や応募については、エア・リキード基金のサイトをご覧ください。

実験ショー