メインコンテンツに移動

ガラス製造

酸素燃焼技術による効率改善

ガラス製造分野においては、環境面で排出ガスの抑制を求められる中、コストの制約も求められています。エア・リキードは、ガラスメーカーの競争力を強化し、環境負荷を低減するソリューションをお届けします。 酸素燃焼は、主な酸化剤として空気の代わりに純酸素を燃焼させるプロセスです。この分野の長年にわたるエキスパートであるエア・リキードは、幅広い専門家ネットワークに支えられた豊富な研究開発リソースと、ガラス製造における確かな経験を有しています。

長年にわたる酸素燃焼のエキスパート:特許技術に基づくバーナ設計や溶解炉内の加熱状況のモデリングをはじめ、エア・リキードはあらゆる酸素燃焼技術に精通しています。 当社は、これらのノウハウを活用し、個々の事例に合わせたアプローチによって、酸素燃焼技術をお客様のために役立てています。当社独自の技術を基に、ガラスメーカーのパートナーとして溶解炉の構想から試運転、そして本格稼働までをサポートします。テーブルウェアや板ガラスをはじめ、ファイバーガラスやソーラーパネルといった工業用ガラスに至るまで、ガラス業界のあらゆる分野に向けてカスタマイズされた、ガスに関する包括的なソリューションをご用意しています。 溶解から最終製品の成形に至るまで、ガラス製造のあらゆる段階を通じてソリューションをお届けします。その決め手として、エネルギー効率の高いオンサイト型の酸素製造装置などを通じ、お客様のニーズに応じた酸素供給を行っています。

  • 環境対策 
  • 燃料コスト削減・省エネルギー
  • 設備投資の軽減 
  • 品質の改善
  • CO2削減
  • NOx削減

ガラス製造

バリューチェーンをお選びください