メインコンテンツに移動
食品
バリューチェーンをお選びください

穀物の薫蒸消毒と害虫駆除

普通、酸素を取り除くと昆虫を駆除できますが、二酸化炭素を高圧で注入すると、駆除を促進できます。 CA(成分を調整した雰囲気ガス)貯蔵には2段階のプロセスがあります。まず「パージ」を行い、調整された雰囲気ガスに置換します。次に「メンテナンス」で、その状態を必要な期間維持します。 経済的に効果を持続するためには、CA貯蔵に使用する構造物には内部のガスを閉じ込める高い密閉性が必要です。CA貯蔵技術と組み合わせることで、効果的に薫蒸消毒を実施できます。

関連ガス

関連サービス